医療法人 誠人会 与田病院


回復期リハビリテーション病棟とは

 厚生労働大臣が定める特定の状態の患者様に対して、医師・看護師・看護助手・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・社会福祉士等がチームを組み限 定された入院期間でリハビリテーションを集中的に行い、在宅復帰・社会復帰を図ることを目的とする病棟です。

回復期リハビリテーション病棟の実績

回復期リハビリテーション病棟の実績はこちらからご覧いただけます。

回復期リハビリテーション病棟  実績資料


平成29年2月 回復期リハビリテーション病棟協会 
 第29回全国研究大会の筆頭演者として楠根科長が発表を行いました。
 

入院までの流れ

当院回復期リハビリテーションの特徴

 当院回復期リハビリテーション病棟では多職種が連携を取り、日々情報共有しそれぞれの職種や専門性を活かしながら協働してチームを形成することで、在宅復帰を目指す患者 様が在宅へ戻られた際に『その人らしく、その地域で長く暮らして頂ける』事を目標に患者様への支援を行っています。 在宅復帰・社会復帰のためのリハ ビリテーションは訓練だけでなく、患者様の病棟での生活自体が復帰に向けての過程と考え携わります。

 また、回復期リハビリテーション病棟開設にあたり、回復期リハビリテーション病棟協会認定セラピストマネジャーが在籍し、病棟スタッフと共に 回復期リハビリテーション病棟の質の向上に携わっています。

前月と直近6ヶ月の在宅退院率やFIM利得、FIM効率等を開示しております。

 

適切な入院生活で、自宅退院を目指します。

入院生活について